ハワイへ行こう ヴィッツ ハワイアン・ステーキ・ハウス

2014年10月25日

DSC05178

ハワイ旅行中のみなさま、ハワイ旅行をご検討中のみなさま、こんばんは。よしです。せっかくハワイに来たんだから食べておきたいのがステーキ。そう、牛ですよ牛!少しお値段は張りますが、せっかくの旅の思い出にいかがでしょうか。


スポンサードリンク

Vit’s Hawaiian Steak House

DSC05172

クヒオ通りの北側の起点近く、マイレ・スカイコートホテルの1階にあるのが「ヴィッツ・ハワイアンステーキハウス」です。ビーフステーキが売りみたいですが、魚介系、鶏肉や豚肉も扱っているのでみんな一緒でも楽しめるのが特徴。

PRIME RIB 340g 27.95ドル

DSC05180

プライムリブです。詳しいことは分からなかったんですがw、特定の部位をじっくり時間をかけて焼き上げた、ローストビーフっぽいステーキだそう。サイズ感が分かりにくいですが、これで340gもあるんです。もうお肉だけでお腹いっぱいになる量。付け合せで柔らかめの白いご飯(フライドポテト、マッシュポテト、ベークドポテトも選べる)が付いてきます。

DSC05186

外側にこそ焼き目がついていますが、中は予熱が通ってもこの赤さ。大きさの割にはしつこくなく、ぺろっと完食してしまいました。日本のステーキのように刺しは入っていないけれども固くない。「肉を食らっている」のを楽しめます。

HAWAIIAN ONO STEAK & LOBSTER TAIL 55ドル

DSC05185

こちらは嫁さんが注文したコンボのメニューになります。まずハワイアンオノステーキ。赤ワインや醤油のソースに一晩漬け込んだサーロインステーキで、このお店オリジナルのものらしい。プラスして巨大なロブスターがおります。注文の時に焼き加減を聞いてくれたんですが、僕的にはステーキはレアでロブスターはミディアムウェルダン(もしくはウエルダン)くらいがちょうど良いかと。

オプションのサラダ・スープバー 6.95ドル

DSC05174

こちらは7ドル弱の追加料金となりますが、フレッシュなフルーツ、スープ、サラダバーが楽しめます。海外旅行中はどうしても野菜が不足しがちですが、こういうときにバッチリ補給しておきましょう。スープがクラムチャウダーだったんですが、具だくさんで美味しかったです。

まとめ:日本語メニューもあるから安心

DSC05182

今回ご紹介したように、がっつり晩御飯を食べるだけでなく、朝食・昼食・軽食とそれぞれ提供しているそうなので時間の余裕に合わせてどうぞ。夕食時だと待ち時間が長くなるかもしれないので、予約を入れておいてもいいかも。僕達は遅めの夕食だったので待ち時間ゼロで入ることができました。

また、海外のレストランで不安になるのがメニュー。イマイチ実物が出てくるまでメニューが分からない、なんてこともありますが、ココは大丈夫です。日本語のメニューを頼むと持ってきてくれます。楽しいハワイ旅行で、ぜひアメリカンなお肉を堪能してください。ではではー

地図の中心へ
ルートを検索

http://www.vitshawaiiansteakhouse.com



スポンサードリンク