日本三大夜景を見に摩耶山へ行こう

2014年5月7日

DSC01427

みなさんこんばんは、よしです。今日は「日本三大夜景」になっている兵庫県神戸市の摩耶山をおすすめします。


スポンサードリンク

摩耶山ってどこ?

地図の中心へ
ルートを検索

今回ご紹介するのは摩耶山にある展望台「掬星台」からの景色です。

明石から和歌山の湾を一望

DSC01424

目の前に広がる180度が全て夜景でうめられる。西(右)は明石海峡大橋を、東(左)は大阪の街を、南(奥)は関西空港から和歌山まで見ることが出来る。もちろん正面には神戸の市街地である三ノ宮を中心にポートタワーや神戸空港、ポートアイランドも見えるぞ。

よーく見ると、高速道路を走る車のヘッドライトが動いていたり、ヒトが暮らしている感じが得られるけれども無音に近い空間。
頭の上には星空も広がっているので、ゆっくりと時間を過ごしてみてください。

アクセスは車がオススメ

地図の中心へ
ルートを検索

神戸市街地から摩耶山は摩耶ケーブル・摩耶ロープウエー、もしくは市営バスで行くことができるが、夜遅くまで運行していないことと、現時点で摩耶ケーブルが休止中なことを考えると、車で行くことをオススメします。

ナビでこの駐車場をセットすると、神戸市街地からなら表六甲ドライブウェイがメジャーなルートになる。一般的な道よりも狭く、傾斜・カーブも多いので注意して走行してください。日が暮れると視界も狭くなるので、どうぞ安全運転で。

地図の通り、駐車場が用意されておりお値段500円なり(2014年3月現在)。広さにも余裕があるのでコチラを使おう。
先払いで車を止めた後は、展望台に向かって5分ほど歩くといよいよ夜景とご対面できます。

ご注意ポイント

運転にご注意

上でご紹介したとおり、普通の道ではないです。どうぞご注意ください。また、一緒に行く人が車に酔いやすいとかだと、控えたほうがいいかもしれません。

準備はしっかりと

山の上には公衆トイレと自販機くらいしか無いです。海からの風で寒いときもあるので、寒さ対策含めて準備はしっかりとどうぞ。

天気が大事です

これからの季節、空気がガスっていると遠くまで見えません。また雨が降っていても見難いです。路面が濡れていると車で行くのも危ないしね。コントラストが低い白っちゃけた風景になってしまいます。ということで、空気の澄んだ日にチャレンジすることをおすすめします。このシーズンは外して秋以降、寒い日に行くのもアリですな。

まとめ:ご旅行の際にはぜひ

DSC01229

神戸へご旅行の際は是非ご検討ください。以前ご紹介したカーシェアリングなんかを使えば、夜の時間帯、安い料金で借りることもできますしね。時間帯は日没から、みんなが寝静まる23時頃までがいいかな。カメラを通してではなく、ぜひご自身の目で見て感動してください。



スポンサードリンク