神戸・布引の滝へ行ってみた

2015年3月3日

DSC06959

全国のハイキング好き・滝好きなみなさま、こんばんは。よしです。今回は兵庫県神戸市にある「布引の滝」への行き方とその雰囲気をご紹介します。詳しくは分からないけど、滝ってどうしてこんなに魅力的なんでしょう。水の落ちる景色と大きな音で癒されます。


スポンサードリンク

新幹線・新神戸駅からスタート

DSC06978

神戸といわれると三ノ宮の繁華街やハーバーランドを想像するところですが、今回の舞台は山側。電車の最寄り駅は新幹線と神戸市営地下鉄の新神戸駅となります。地下鉄三宮駅からは1駅です。

DSC06977

新幹線の新神戸駅を目指してください。新幹線駅の建物の1階に山側に抜ける道が用意されており、この写真はその1階部分になります。分かりやすく「布引の滝 0.4km」とあるのでこれを見つけて矢印方向へスタートです。

地図の中心へ
ルートを検索

滝へは徒歩20分くらい

DSC06976

ほとんど分岐はないし、あっても写真のような案内板があるので迷うことはないはず。実は布引の滝を越えて、ハイキングコースが設定されているので時間のある人はさらに制覇してもいいかも。

DSC06975

舗装された坂道を登ること10分くらい。赤レンガでできた「砂子橋(いさごばし)」が見えたら滝はもうすぐです。橋の真ん中から見る川の景色も綺麗でした。

雄滝・雌滝の他にもいくつかあるよ

DSC06951

ふもとからの順番だと、雌滝、夫婦滝、雄滝の順に見ることができます。写真は最も大きな雄滝になります。取水小屋があって、今もまだ浄水場に水をとっているそうです。

DSC06960

こんな感じでベンチが用意されているので、一休みしましょう。時間と体力に余裕がある人はさらに先に「布引ダム」があるので挑戦してみてはいかがでしょうか。ダムまで行かなくても、このすぐ先に「見晴らし台」があるのでこちらもオススメ。

見晴らし台で神戸を一望

DSC06966

以前ご紹介した摩耶山の夜景よりも低いので見られる範囲は限られますが、自分の足で登ってきたことを考えると十分ですw

DSC06968

こんな感じで六甲アイランドからハーバーランドまで、神戸のベイエリアを一望できます。昼間でも綺麗でしたが、夜はさらに楽しめそうです。

まとめ:初心者でも安心

石垣やレンガづくりの水路が昔から時間をとめているかのような不思議な感覚になるコースでした。都会から隔たれた空間も癒やしのポイントですね。

ほとんどの道が舗装されているし、要所ごとに案内板がたててあるので僕のような運動不足・方向音痴・初心者でも大丈夫なかなり敷居の低いハイキングコースです。(とはいえ自己責任でね・笑)神戸観光で晴れていて半日時間があれば、水分を準備してチャレンジしてみるのもオススメです。ではではー



スポンサードリンク